| 

ガン保険に加入した私

私は友人の死をきっかけに、ガン保険の必要性を感じるようになりました。この友人とは、小学一年生のころからの付き合いで、中学校、高校、大学と同じ学校に進み、毎日のように顔を突き合わせながら、青春時代を過ごしてきました。大学を卒業し、就職してからは、お互いに仕事が忙しくなり、会う機会は減っていましたが、新年の年賀状と、夏の暑中見舞いのやり取りは休むことなく続けていました。私にとってこの友人は、自分の分身のような存在でした。

お互いに結婚し、子どもができ、幸せな生活をおくっていることは、年賀状と暑中見舞いで報告し合っていました。ところが、今年の正月、私の自宅には友人からの年賀状が届きませんでした。嫌な予感がした私、は友人の家に電話をかけてみたした。そのとき、電話に出た友人の娘さんから、友人が病気にかかって死亡した事実を聞かされたのです。病名は肺ガンで、病気が見つかったときには、すでに手の施しようがない状態だったようです。

私は、友人の死に大きなショックを受けました。同時に、自分の死についても考えさせられました。死は、誰にでも平等に訪れます。死から逃れることは、誰にもできません。将来が不安になった私は、生命保険会社でセールスレディをしている知人に連絡をとり、ガン保険に加入することにしました。万が一ガンにかかったら、死亡する前に一時金を受け取ることができます。この保険に加入しておけば、家族も安心してくれることでしょう。

見積り結果で保険の正しい考え方を学ぶことで必要な終身保険などの生命保険を見つけ出すことができるようになるのです。生保保険を選ぶにはインターネットなどで保険ランキングを見ることは結構有効な手段です。考えて実行してみるべきことはをやってみるということです。終身保険でも大切なことです。-
家族の生活資金を考えてネット生保を考えます。損をしないネット生保とは存在するのでしょうか。家族を持っていればいずれかのネット生保に入っていることでしょう。しかし内容を知らない人が多いようです。交通事故がいつ待ちうけているかもしれません。だからネット生保は必要なものなのでしょう。ネット生保を考えるのならネット保険の比較をやってから契約しましょう。-
家族の生活資金を考えて学資保険を考えます。選んで間違いがない学資保険とはどのようなものなのでしょうか。学資保険はどの親も一度は考えます。しかし自分のはいっている保険の内容を説明できる人は少ないのではないでしょうか。どんなときに親が死んでしまうかわかりません。学資保険が学費不足を救ってくれることもあります。学資保険を選ぶのならいろいろな比較検討を決めた方がいいでしょう。-

次を読む≫



link/ 00/ 01/ 02/