| 

ガン保険で備、相続税の備え

私が、三十歳になろうかという頃に、ガンで父が亡くなりました。父はその頃七十歳を超える年齢で、昔からあまり身体がよくありませんでした。更に、父の父、つまり、私の祖父はガンで亡くなり、また、親戚にも同じくガンで亡くなった人数人いました。そのように、ガンになりやすい家系だったのです。父もそのことは気にしていたのか生前、ガン保険に入っていましたし、ガンにかからないように、様々なサプリメントを摂取していました。

家族は、気にしすぎだと笑っていたのですが、実際に、ガンにかかり、父の予想が当たったのをしって、父の慧眼ぶりに感心したものでした。父がガンにかかってから亡くなるまでの期間はとても短かったのです。ですから、父が病気にかかってから、まさか、死んでしまわないだろうと高をくくっていたために、何の用意もできませんでした。最後には、せめて親孝行だけでもしようという、思いを果たすことができなかったのが心残りでした。

しかし、父が亡くなってから大きな問題が生じました。それは、相続税の問題です。父名義の不動産がいくつかあり、父が亡くなることによって私を含めて、三人の兄弟で分配することになったのですが、その不動産価値が、予想していた以上に高い物だったのです。そのため、膨大な相続税を支払わなければならなくなり、突然の出費に家計が苦しくなったのです。こんなことなら最初から、どれぐらいの相続税がかかるのかをきちんと調べておくべきだったのです。

その解決策についてはあらかじめ相続について考えておけば心配するほどではありません。遺言書さえあれば収まるのかは相続税を考えることでそれは相続対策をきっちり覚悟して臨むことです。相続税申告はずっと以前から良く考えないといけない問題です。相続対策の解決は無理をしないことが大切なことであります。-
経験者に相談したりして保険の検討をやってみましょう。年収によってもまた年齢によっても保険のの選択肢は変わってきます。保険の解決は医療などの事を考えることも重要です。よくで考えよく比較し最終的に保険を選びましょう。それが大切なポイントです。「ほけんの窓口」は大規模保険ショップ。保険相談を受け付けてくれます。
ほけんの窓口について|生命保険選びネット
http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/7537.htm

ネットで保険販売に経費がかからなくなったことで保険料が安く生命保険も増えてきました。様々な場所で保険ショップが気になります。自ら保険比較をするという選択肢が広がっています。ソニー生命などの色々な保険を探せます。-

次を読む≫



link/ 00/ 01/ 02/