| 

医療保険とガン保険に入っています

私は現在、医療保険とガン保険に入っています。私は今から15年ほど前に、終身タイプの生命保険に入っていましたが、家を建てるための頭金にしようと、終身タイプの生命保険を解約してしまいました。終身タイプの生命保険は途中解約でしたから、戻ってきたお金は、かなり目減りしてしまいました。それでも、その時はまとまったお金が欲しかったのです。それ以来、生命保険には入らずに、代わりに医療保険とガン保険に入ることにしたのです。そして、この二つの保険は妻の知り合いの保険代理店から入りました。

私が加入している医療保険とガン保険は、どちらも掛け捨てタイプです。今までに医療保険もガン保険も、幸いなことに使ったことがありません。どちらの保険も掛け捨てタイプですから、積立金がない分、低めの保険料で済んでいるようです。ただ、妻任せですから1年間あたりいくらの保険料を支払っているかはよくわかりません。それでも、医療保険とガン保険は転ばぬ先の杖だと思って、保険料の支払いを忘れずに行っています。でも、やはり一生の間、医療保険にもガン保険にもお世話にはなりたくありません。

私の友人たちにも、生命保険を解約したという人が何人かいます。その理由は、終身タイプの生命保険では、ステップアップして保険料が高くなるからです。私の終身タイプの生命保険の時もそうでした。最終的には、一カ月あたりの保険料支払い額が5万円を超えるようになっていたのです。これだけ不景気な時代が、長く続いているのに、保険料が5万円を超えたらとても支払っていくことができません。それから考えると、医療保険もガン保険も掛け捨てで、保険料の引き上げはないようです。ですから、住宅ローンの支払いや子供の進学資金が必要になっても、保険料を何とか支払っていけるのです。

とことん悩んで後悔しないようにして学資保険をするようにしましょう。どんな教育を期待するかで保険の設計も変わります。その見積りを落ち着いて考えて見比べて決定しましょう。それがキモです。-
生命保険やガン保険、定期保険親の老後資金まで考えての保険そして一時払いの貯蓄のための保険の提案をしてもらうのならその相手がどんな会社に属しているのか分からなくてはいけません。その上で生命保険相談に進むことが大切です。
生命保険の相談について|保険相談ネット
http://www.fp123.net/

保険シッョプでどんな専門の人と相談しようと考えていますか。生命保険に入るにあたってはこのように考えることが重要な注意点です。生命保険をみつけていくことはすぐにできるようなことではありません。万が一を保障するためのものなので決めることで苦労するのです。だから生命保険に詳しい人がいる保険ショップでどんな人に相談するかが大切です。
保険ショップについて|保険ショップを使い倒す→クリック

次を読む≫



link/ 00/ 01/ 02/